忍者ブログ
「ラグナロクオンライン」Olrun(エルルーン)サーバのGvG攻防戦の情報。 アイテム、パッチ情報なども掲載。                              「越後のちりめん問屋」の由来はカテゴリーにて紹介。
2016/5/1(日)GVG
『まそっと』vs「Olrun板」
前半戦をV3で防衛を行っていた「Olrun板」でしたが、
後半戦から『まそっと』のN2砦を攻め始めます。

V3では、FE勢力の中では、まさに敵なしの防衛。

FE勢力の中でいえば、かなり装備にお金をかけている人も多いようです。
そういった意味では、FE勢力の中では、飛び抜けて力があります。


がんばって抜けましたが、即死。
ちりめん調査官は、レベルもはっきり言って低く、
HPも装甲も恥ずかしながら紙で、三次職になれたのもやっとです。
あまりにもすぐに蒸発するので、さすがにもう少し対策を考えたいところです。  


そんな中、少人数でもがんばる「チームPENTAGON」
支援スキルなどありがとうございました。
個人的にとても応援しています!

 
FEでは追随を許さない防衛。
このあたりでの防衛は新鮮です。
 
さて、V3で防衛を繰り広げていた「Olrun板」でしたが、
後半はSE地方へ動きを見せます。
 
N2への『まそっと』攻め。
このあたりの非常にアクティブな動きはとても興味深いです。
しかし、『まそっと』は大手だけに動きや防衛の仕方はまったく違います。
単発で突撃するだけでは、なかなか入口から先へは進めません。
 
   
入口で『まそっと』のメカがピンポイントで自爆を決めます。
生き残っていた「Olrun板」の大勢を巻き込みます。
多数対多数の戦いでは『まそっと』の優位は変わりません。


しかし、「Olrun板」も戦略的に動いてきます。
VF2での2砦を天秤にかけた攻撃。

これによって『まそっと』は拠点防衛での戦力集中を非常に困難にさせられます。
「Olrun板」はVF2の第1、第2守護を難なく抜き、
第1バリケードも破壊、VF2の守護拠点の水路へと向かいます。


水路奥地での局地的な戦闘。
『まそっと』は面で制圧されることこそありませんが、
「Olrun板」は良くも悪くもばらけているため、
『まそっと』は一斉に排除することができず苦戦を強いられます。


徐々にラインをあげてきた『まそっと』。
今度は「Olrun板」がEMCからのまとまって攻撃を仕掛けていきます。


比較的SEでの戦闘らしくなってきましたが、
惜しいことに「Olrun板」は徐々に押し返されていきます。

結果的に21:55ほどまで攻めて「Olrun板」は転戦。
SE砦で戦えるという戦果を残したことになりました。

「Olrun板」のSE砦で戦う上で、さらに強くなるというポイントをあげれば、

1、SE砦では面の制圧が必要になるため、敵以外のキャラを追っていると
   確実に自軍が瓦解するので、必要以上に追わないほうが良いかも。

2、相手は確実にEMCマスターを狙ってくるので、EMC位置には注意し、
  とにかく戦力補充の回転を重視したほうが良いかも。
  SEの場合、これで一気に戦闘ラインが変わってきます。
  
3、役割分担を作れれば最高。
  守護の修理役やマスター排除、呪縛処理など、少人数であれば、
  いくつか兼務する必要があるので大変ですが、漏れが少なくなりそうです。
 
戦闘という意味では、今でも戦える楽しさがあるので、
上記を求めると「Olrun板」の特性と違ってしまうのかもしれません。
ですが、さらに奥地まで進める可能性があるので、さらなる戦果も期待できます。

今、一番伸びしろがあって楽しそうなので、
つい書いてしまいました。
すみません!
 
 
「Olrun板」の方々!お疲れ様でした!

 
今週は「Olrun板」をピックアップしてみました。

よし、ミッション達成!
半分SEでしたが(笑)

拍手[5回]

PR

2016/2/21(日)GVG
VF3 『まそっと』vs『お祭り同盟』

開始から入口に集まる『まそっと』
オーラがまばゆいです。
オープンチャットで突撃合図。

このあたりのタイミングをあえて伝えてしまうところは
大手の余裕を感じます。
 

第2バリケード破壊直前。
とにかく両守護を破壊してからはあっという間に進撃する『まそっと』。
 

敵封鎖のためか「Olrun板」は入口前でEMCして布陣しますが、
この後も『まそっと』マスターはどんどん抜けて中でEMCするため、
完全な死に勢力となってしまいます。

 
『まそっと』が砦を取ってからは、「お祭り同盟」を全面的に排除に移ります。

「お祭り同盟」はどうしても戦力を四方に散らしてしまい、戦力1対5ぐらいで
『まそっと』と対戦することになります。
 
向かう方向や戦術意図などをある程度統一したほうが良いかもしれません。
さらに足を止めて戦うキャラが多いため、集まっているところを
『まそっと』のメカが突入し自爆。
「お祭り同盟」が一気に戦力を減らす場面が数多く見られました。

さて、今回「お祭り同盟」側で気になった方。
ドラゴンハウリングの方。

実はほとんど届いていません。
崖の向こうのジャイアンです。
 
ドラゴンハウリングは15×15ですので、
実は1セルしか届いていないのです。

まったく抑止力にならないわけではないですが、
もうちょっと場所をうまく使ったほうがよさそうかもしれません。


建物の影を使って、こちらなんかはいかがでしょう。
相手が近づいてきたら効果範囲に入るので、
倒される確率も高いですが、よっぽど相手にとって嫌がられるはずです。

もちろん、同じ場所ではすぐ対策を取られるので、
そのあたりを変えていくことで、「存在」に意味が出てきます。

実戦においても基本の技術にはなりますが、
スナイパーは同じ場所にはいません。
常に闇に溶け込んで一撃必中を狙うか、
数分おきに場所を変えて、自らの襲撃の成果を減らしません。

もちろん目立ちますから、相手から攻撃を受けますが、
倒す手間をかけさせるだけで十分に意味があります。
 
日和見の机上の空論と言われるかもしれませんが、
考えて工夫をしてこそのGVです。


ドラゴンハウリングの有用性については
かつてかなりの計算値で出した覚えもあるので、
やり方によっては使いようのあるスキルだと思っています。

ぜひ相手にとって嫌がられる使い方をしていただければ幸いです。
どうしても気になってしまいましたので、
書かせていただきました。

今後の「お祭り同盟」を応援しています!

拍手[1回]



2015/4/19(日)N5『まそっと』vs『焼きバロン』
 

こんにちは、栄養ドリンクが机に列を作っているちりめん問屋です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
何とか生きています。

さて、『まそっと』『SAP』との戦いを制し、勢いに乗る『焼きバロン』。
4/19(日)はN5の最終決戦という形になったようです。

とにかくこの頃の戦いで戦力の充実さを見せる『焼きバロン』ですが、
この日も早い展開を見せます。

第2守護で防衛する『まそっと』を攻略し、
20:11に第1バリケードを突破。

 
第2バリケード付近でEMCを行うNARU氏を発見。
オーラどころかいろいろ輝いています。

ここで一気に『焼きバロン』が攻め上がっていくかと思われましたが、
20:14になんと『まそっと』は城門バリケードを復帰させ、
戦線を守護石にまで戻します。

このあたりは『まそっと』の駆け引きのうまさ。
相手の動きを見て、隙あらば、というのがさすがです。

しかし、勢いに勝る『焼きバロン』は
20:21に再び両守護を破壊。


さらに『焼きバロン』は通称「兄階段」の付近でEMC。
とにかくEMC後の動きが早いです。

わずか2~3秒後にはEMC地点には誰もいなくなります。
つまり2PCがそこに入っていないことも表しています。

20:26
第3バリケード破壊。

ここまでかなり順調に来た『焼きバロン』でしたが、
『まそっと』も攻められ続けではありません。


エンペリウム周りでは『まそっと』の軍勢が待ち受けます。

ここでの戦いはわずか5分ほど、
ですが、かなり壮絶な押し引きが見られました。

本日も仕事のため、帰宅後に続きを書いていきたいと思います。


ちりめん問屋は、少しでもGVの戦場をかっこよく、
そして一瞬の輝きをお伝えしたいと思っています。
これまでのGVG砦取得情報

拍手[0回]


今回もみずきよさんのご協力の元、記事が書けることになりました。

私自身もたまたま見ることができたのですが、
なにぶん、分単位で移動することが多い仕事柄、
この記事も2分という制限時間で書いています。

更新を休止といったものの、少しでもラグナロクに触れられるような
時間が取れればと思っています。



ちなみに前回のV砦中心での一枚。
終盤はV1で『白P田家』と戦っていたようです。

動画をまだ全部見切れていないので、どのような戦いだったかも
見てみたいですね。

読んでいない論文が山ほどあって、書類に埋もれています。
うまく時間を使っていきたいです。


ちりめん問屋は、少しでもGVの戦場をかっこよく、
そして一瞬の輝きをお伝えしたいと思っています。
これまでのGVG砦取得情報

拍手[1回]



2015/2/8(日)VF2『SAP』vs『焼きバロン』ほか 

仕事で遅くなりましたが、久々に更新したいと思います。
きよみずさんに動画を送っていただいたので、
感謝をしつつ、遅ればせながらお届けします。

さぁ、N3前です。
2/8(日)は宣言通りに『焼きバロン』がN3前に集結。
『まそっぷ』攻撃を行おうと勢力を整えていました。

ですが、今回、『まそっぷ』は戦闘回避週だったとのこと。
N3→N5→ほか
獲得砦を変更しながら、戦闘は回避します。

『まそっと』の非常に整った防衛風景。
こういった守り方は性格が出ると感じます。
個人的にこういった整った防衛は好きです。

さて、戦う気満々だった『焼きバロン』のやる気は
VF2で防衛していた『SAP』へと向かいます。

第1守護石は早々に『焼きバロン』が破壊。
しかし、その後に『SAP』が水場ラインでの硬さを見せつけます。

さらに特筆すべきは、サブギルドの動きです。
後方からの動画で見る限り、想像以上に動いているキャラが多く、
またその連携も半端ないです。

通常であれば、サブギルドは徒歩復帰となるため、
単騎で突撃している姿をよく見かけるのですが、
数人で統率されて動いている姿がよく見られました。

また攻める『焼きバロン』もその特色の強さを見せつけます。
 
移動式核弾頭。しかも高速。

『まそっと』と『焼きバロン』はこのあたりで平地戦の強さが
際立っていると言えるのかもしれません。
メカの方々の練度が異常です。

 
今回はやはりVF2の水場は堅く、30分ほどの攻撃で
『焼きバロンは』転戦。


さりげなく『SAP』の核弾頭もがっちり決めています。

最近はメカが強い強いとは言われているものの、
一撃必殺な上、リチャージに時間がかかること、
そして移動などに熟練度が必要なことなど、
決して一朝一夕で強くなる要素ではありません。

そのあたり、ギルドを通して計画的に強くしていく力が
大手では問われているのかもしれません。
  

ところ変わってV4。
「ましゅまろ」vs「Olrun板」が行われていました。

大手の戦いとは違って、個人の動きがよく見えるのがいいですね。
阿修羅など改めて見るとかっこいいものです。

 
対人格闘を彷彿とさせる読み合いの動き。
こういった戦いも別の楽しさがあるように思えます。


最近軽くなっていると感じられるものの
やっぱり軽い環境は理想として夢見てしまいますよね。
大事なことなので、もう一度。
===================================
 ≪更新≫現在発生している高負荷による動作遅延について

 ぜひ、上記リンクから『RO「動作遅延調査」報告フォーム』に
 報告してください。
 私もまたSSなどを送っておきます。
 『RO「動作遅延調査」報告フォーム』
===================================


今回の動画も
きよみずさんにご協力いただきました。
見させていただいた同盟や勢力の方にも感謝!

   
ちりめん問屋は、少しでもGVの戦場をかっこよく、
そして一瞬の輝きをお伝えしたいと思っています。
これまでのGVG砦取得情報

拍手[0回]


[1] [2] [3] [4] [5] [6
  HOME   : Next  »
カウンター
こんなものありましたコーナー

これワイシャツ使う人におすすめ、首周りの汗染み、 ケチャップ、鼻血などすぐに落ちます。


プレゼント用に検討。
これは音楽もあって画面もきれいなようでよさそう。


GVなどでのスカイプなど用。
これぐらい安いのでもだいぶ使えます。

USBハブ 4ポート USBメモリ 128GB 掃除機2 電気スタンド メモスタンド 冷凍庫スタンド NAS BD BDインデ 赤立
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お便りメール
プロフィール
HN:
越後のちりめん問屋
性別:
男性
自己紹介:
GV時に各地の砦を巡り情報を収集するForsetyのGV広報集団。Iris上がりのメンバーたちのギルド名称です。
メンバーはギルドマスターのご隠居を中心に男女数人の社会人によって構成。
【連絡先】
chirimenGV@hotmail.co.jp

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ内検索
最新コメント
[08/11 ちりめん問屋]
[08/10 NONAME]
[06/01 ちりめん問屋]
[05/30 名無し]
[04/25 越後のちりめん問屋]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]