忍者ブログ
「ラグナロクオンライン」Olrun(エルルーン)サーバのGvG攻防戦の情報。 アイテム、パッチ情報なども掲載。                              「越後のちりめん問屋」の由来はカテゴリーにて紹介。

2009/4/26(日)Forsety4周年記念GV同盟 二章


――20:16 
 砦 [Nidavellir Guild 2]を [-☆-WindyTalez-☆-] ギルドが占領しました

さて、N2防衛を『SLW』の前に陥落させられた『Forsety記念GV同盟』。

攻撃砦への指示認識の違いから戦力が分かれてしまっていました。
改めてベースキャンプで、攻撃先の指示と説明を加えます。

「N2 SLW攻め!」

2009-0426-02-01.jpg

改めてN2攻めで仕切り直しです。
ソウルリンカーの女の子がそろってお出迎え。

第1、第2守護石をそれぞれ問題なく破壊、
障害を排除しながら、第3バリケード前まで進出し、各ギルドが一気にEMC。

2009-0426-02-02.jpg

第3バリケード前に展開していた『SLW』の遊撃部隊と交戦に移ります。
しかし、後方からも『SLW』の別働部隊が近づきます。

『Forsety記念GV同盟』は前後から挟撃される形となりました。

2009-0426-02-03.jpg

『SLW』の攻撃に『Forsety記念GV同盟』は左右に大きく展開してしまい、
攻撃ラインの構築ができません。

そんな中、防衛勢力の「Simple」が第3バリケード前でEMC。
『Forsety記念GV同盟』に対して遊撃を開始します。

第3バリケード前を主戦場に激しい砲火が飛び交います。

バリケード前にいた「Simple」をほぼ殲滅したかに見えましたが、
『Forsety記念GV同盟』はその後の一手が続きません。

2009-0426-02-04.jpg

今回の『Forsety記念GV同盟』の攻城で致命的だったことは
プロフェッサーがひとりもおらず、常に攻撃する前衛職や魔法職が
砲火にさらされてしまっていたことでしょう。


――20:25
 この時間帯から『あじ天』の姿がちらほら見え始めます。

 『SLW』は第2バリケードを修復。
 バリケード内の残存勢力の排除に取り掛かりました。 

 『Forsety記念GV同盟』が突如の広範囲攻撃を受けて、
 一気に消え去ります。

2009-0426-02-06.jpg

先ほど殲滅したと思われた「Simple」の急襲でした。
そして、一掃された大地を突き進む人影が…。

2009-0426-02-07.jpg

「Simple」の背後からの攻撃に第3バリケード前の『Forsety記念GV同盟』は
ほぼ一掃されます。
そこへ突然、波のように現れたのは青と白のエンブレムでした。


――20:28 『あじ天』襲来

的確にランドプロテクターを敷き詰めつつ、
一糸乱れない陣形で、『あじ天』が出現します。

2009-0426-02-08.jpg

第2バリケードはすでに修復されていましたが、
『あじ天』は第2バリケード内でEMCしたようです。

『あじ天』はそのまま第3バリケードへの激しい攻撃に着手。
『Forsety記念GV同盟』の残存勢力も第3バリケード前で戦闘を続けます。

『Forsety記念GV同盟』は「Seraphic Gate」が第2バリケード前でEMC。
立て直した勢力で第2バリケードを破壊、中になだれ込みました。


攻城において、基本共闘というのがお祭り同盟の主旨ですが、
「Seraphic Gate」の中で他ギルドを攻撃してる人がいるという情報が入ります。

ギルド内で指示の行き違いがあったそうですが、
再度、司令パーティ内では「共闘」の指示が出ます。

2009-0426-02-09.jpg

この時、すでに『あじ天』が第3バリケードを突破。
第3バリケード前に残っていた数名の『Forsety記念GV同盟』も
エンペリウムを目指して突撃していました。


そして…

――20:29
  砦 [Nidavellir Guild 2]を [おっけー牧場!] ギルドが占領しました

『Forsety記念GV同盟』の「おっけー牧場!」が『あじ天』との
エンペリウムの割り合いに運よく競り勝ったようです。

すぐさま『Forsety記念GV同盟』の防衛が開始されます。


「とりあえず第3バリケードへ」
「あじ多数!」

ガーディアンも復帰しますが、すでに前線からは悲鳴が伝わってきます。
入り口防衛を開始するとともに、「Seraphic Gate」は第3バリケード前でEMC。

「寝落ち戦隊オキナインジャー」は入り口防衛に励みます。

2009-0426-02-11.jpg

もちろん、防衛となったからには「あじのさしみ」マスターチェイサーには
執拗なほどの集中砲火でのお出迎えです。

しかし、『あじ天』のプロフェッサーが絶妙なランドプロテクターを展開。
他ギルドの何人かが失敗していたこの作業をいとも簡単に決めます。

2009-0426-02-10.jpg

『Forsety記念GV同盟』は短時間で守護石を破壊されたものの、
第3バリケードを修復します。
ここから徐々に防衛ラインを押し上げようとします。

しかし、ここで防衛側のミスが発覚。

マスターがバリケードの修理材料を忘れてしまったという情報が入ります。
『あじ天』の攻撃を第2バリケード前でなんとか食い止めていたものの、
その激しさは増すばかりです。

2009-0426-02-12.jpg

『Forsety記念GV同盟』の司令PTではやっと、情報が回り始めました。

「第3前に布陣、そこから押し上げます」
「牧場は第3内の掃除、いるか確認しつつ、第2までラインを押し上げる」


その時、前線から悲痛な連絡が入ります。

「あじEMC!」

2009-0426-02-13.jpg

第2バリケード前で『あじ天』がEMCしたことにより、
これまでの攻防の均衡が崩れ、一気に第2バリケード付近を制圧されます。

『あじ天』の攻撃の手は『Forsety記念GV同盟』の
第3バリケード防衛へと確実に近づいてきていました。



明日は「強固なる防衛」をお届けします。


やっと動画から画像を抽出し、流れをチェックできるようになりました。
世間ではいろいろな動画があげられていますが、未だちりめんでは未実装。

どなたか良い動画編集のソフトなどを知っていれば、教えていただけると幸いです。
今回は難しいですが、次回から着手できるかもしれません。

ちりめんメンバー内ではSSの技術は飛躍的に進歩しましたが、
動画に関しては非常に素人です。
実にお恥ずかしい。

拍手[0回]

PR

2009/4/26(日)Forsety4周年記念GV同盟 一章


・2005年4月21日  Forsety鯖、始動。


・2007年4月22日  『Forsety2周年記念GV同盟』結成。

  参加ギルド: 『Ba牧場』、「Seraphic Gate」、
           『ぱふぱふRUSH』、「Lily at Misty Night」


・2008年4月20日  『Forsety3周年記念GV同盟』結成。

  参加ギルド:『ゲフェン東連合』、「Seraphic Gate」、
          「寝落ち戦隊オキナインジャー」 「Wolves Gathering」


そして、2009年4月―― 
今年もこの季節がやってまいりました。


今回で3回目となる『Forsety記念GV同盟』。
ForsetyのGVを盛り上げようと企画する方々の集いです。

そろそろお話をいただける時期と、ちりめん問屋内でも話題にのぼっていました。

今年の参加勢力は3同盟。
 ・『ゲフェン東連合』 (おっけー牧場!など)
 ・「Seraphic Gate」
 ・「寝落ち戦隊オキナインジャー」

残り1同盟を公募の予定でしたが、今回は間に合わなかったようです。
人数としても例年に比べるとけっして大規模とは言えませんが、
約50~60人が集まりました。

99939ccf.jpeg

今回の戦いで例年までと大きく違うのは、SE砦の存在。
ちりめん問屋もSE砦は確認に時間がかかり、侵入も難しいため、
これまであまり深くは関わってこれませんでした。

最近の流れから、このSE砦が主戦場になることは間違いありません。
そして予想に違えることなく、SE砦の防衛から同盟の行動は始まります。

ちりめん問屋は今回、『Forsety記念GV同盟』内に1名、通常突撃で1名、
砦前に1名、ベースキャンプに1名の計4名で追跡しました。


【Nidavellir Guild 2】 4/26(日)20:00~ 
 攻撃:『SLW』他
 守備:『Forsety4周年記念GV同盟』

毎年恒例となってしまっていることもあってか、
今年は特に開始の挨拶も大きな説明もなく始まります。

しかし、今回の『Forsety記念GV同盟』はギルド間の連携不足といった
ミスからの幕開けとなってしまいました。

先週「Seraphic Gate」が獲得したN2からの防衛開始となるはずでしたが、
その指示があいまいになったこともあり、他同盟にはN5と伝ってしまったのです。

その結果、開始から「Seraphic Gate」一勢力で『SLW』の攻撃を防ぐことになりました。

82486fa6.jpeg

GV開始から大手同盟を相手に防衛をするには、人数が少ないこともあり、
ガーディアンがご乱心する間も、するすると脇を攻撃陣が抜けていきます。

わずか数分ほどで、第2守護石が破壊。

『Forsety記念GV同盟』も体勢を立て直そうと、
「Seraphic Gate」が第1守護石前でEMCをします。

aa7d8d37.jpeg

しかし、『SLW』はその上を行きました。
『Forsety記念GV同盟』のメンバーに重なるようにして、「Simple」がEMCを発動。

ab5937d0.jpeg

見事に防衛勢力を一掃し、第1守護石を破壊します。

『SLW』の勢いはとどまらず、そのまま第1バリケードを突破。
途中で撃退しようとEMCをしていた『Forsety記念GV同盟』にも
勢いを落とすことなく突撃し、防衛準備を整える余裕すら与えません。

fb7094b6.jpeg

さらに防衛を続ける『Forsety記念GV同盟』。
ですが、攻撃の流れを変えるのは至難のことのように思われます。

第3バリケード前での攻防では、まるで薙ぎ払われるかのような勢いで
次々と防衛人員が消えていきます。

4ccecd32.jpeg

最後の城門となる第3バリケード。
来る者を強く塞き止めるはずの堅固な壁は、もろくも崩れていきます。

戦場の空間に描かれる「運命のタロットカード」。
「Lovers」と「Star」。

260988a9.jpeg

その愛らしい絵柄に心を寄せる余裕もなく、落城のときは
刻一刻と近づいてくるように思われます。

しばらくして第3バリケードは破壊され、LKを先頭を『SLW』は突き進みます。
その後ろを颯爽と歩く、ラーメン……。

1b436924.jpeg


ラーメン…、そうです。
この後光とラーメンといったら、きっとあの御方に違いありません。

【参考資料】 ―2007/10/21GVレポートより
9c05dda8.jpeg

この砦はもう長くは持たないでしょう。
ごめんなさい、NGだったらすぐ消します。


なんというか、もうリスペクト。


エンペルームでは『Forsety記念GV同盟』の必死の反撃が繰り広げられます。
各ギルドはEMCをして、勢力を集中し迎え撃ちます。

しかし、その反撃は各個撃破という形で封じ込まれていきました。

ef6c6763.jpeg

エンペリウムの周りは次第に『SLW』のLKたちの攻撃に晒されるようになり、
その攻撃を排除することもままならなくなってきました。

そして――。

――20:16 
 砦 [Nidavellir Guild 2]を [-☆-WindyTalez-☆-] ギルドが占領しました


 N2砦は陥落したのです。

 とても防衛という形が機能した戦いとは呼べませんでした。
 ですが、この結果ですぐに転戦してしまう『Forsety記念GV同盟』ではないでしょう。

 今回のN2攻防戦は、まだ序章を迎えたにすぎなかったのです。



第一回がだいぶ遅くなってしまいました。
お待たせして申し訳ありません。


ちりめん問屋では、テストしていた動画撮影を初めて導入。
しかし、それがあだとなりました。

各メンバーの動画が集まるとそれはハードディスクを圧迫し、
流れを確認するだけでも数時間はかかる始末。

しかもなんですか、数百ギガって。
ハードディスクの表示が真っ赤です。


拍手[0回]


8/17(日)C5夏祭り防衛戦 二章


少しずつ弱まっていく魔法攻撃。
徐々に下がっていく防衛ライン。
その様子に攻撃陣は誰もが「崩れた」と思ったに違いありません。

しかし、安易な気持ちで惰性のままエンペルームに
飛び込んだ攻撃陣は、手痛い反撃を受けることになります。

その反撃に驚いて改めて周りを見回すと、エンペルームの高台には
いつの間にか陣営が再び構築され、
エンペリウムへの道のりは硬く閉ざされていたのです。

ただ攻め側もそれを黙って見てはいません。
『SW』は隙をついてエンペルーム内でEMCを発動。
一気に高台の中心を目指します。

2008-0817-2044.jpg

その動きを察した防衛側もEMCは許したものの、
人数を割いて遊撃、それ以上の動きを封じ込めようとします。

3MAP目から今度は戦場をエンペルームへと移し、
激しい戦いの火蓋が切って落とされたのです。

広いエンペルームだけにそれほど長い時間、
守り続けることは難しいかとも思われましたが、
一定数以上の部隊が高台で守り、
その周りを遊撃部隊が常に目を光らすことで、
攻撃の手を易々と近づかせません。

それどころか、常に防衛ラインを押し上げようと、
積極的な姿勢で機会をうかがっているようですらあります。

ただ、この状況でも単騎で挑もうとする「つわもの」もいます。

2008-0817-2045.jpg

「Ballon D'or」

2008-0817-2053.jpg

「第1回For十字軍祭り」

こういった「つわもの」たちが一瞬の輝きを放ち、
果敢という名の華を咲かせていきます。

そして21:00頃には新手の攻撃勢力がさらに訪れ始め、
エンペルーム前は『SW』、「Ballon D'or」、
「Mission Possible」と攻撃側が充実し始めます。

そして、21:08

砦 [Chung-Rim Guild 5]を [Ballon D'or] ギルドが占領しました。

とのアナウンスが流れたのです。

そして

砦 [Chung-Rim Guild 5]を [Ultimate Walkers] ギルドが占領しました。

とのさらなるアナウンス。
この直後の隙を突いて、「夏のお祭り同盟」はすぐさま砦を取り戻し、
再び堅牢な3MAP防衛を開始しました。

そして、21:30には、「夏のお祭り同盟」は次なる作戦へと動いていきます。

プロンテラ 「Valkyrie Realms占拠」

そこからの「夏のお祭り同盟」の動きは迅速です。
C5砦からベースキャンプへ引き上げると、すぐさま部隊の再編成を開始。
約5分後には次々とVの割り当てられた砦へと攻撃を始めました。

これまでこういったお祭りでは、砦獲得時には解散して各自同盟で動いていましたが、
今回は最後まで協力関係が見られ、お互いの過不足を補うなど、
目的達成への共同意識が感じられました。

2008-0817-2205.jpg

「夏」の旗がV砦を占拠します。

今回のお祭りは大いに成功だったといえるのではないでしょうか。
事前の企画段階での準備の良さ、采配などの指示の徹底、
必要最低限の情報の共有。

こういった企画の成功の可否は、実は始まる前にこそ
多くの部分を占めているのかもしれません。

V砦の占拠、おめでとうございます!
そして戦場で戦った大勢の勇姿にエールを送りたいと思います。
 

拍手[0回]


8/17(日)C5夏祭り防衛戦 一章

さて、お盆の最終日に行われた今回のお祭り防衛。
守るはフェイヨンの砦C5でした。

さっそくGV開始当初から「あじのさしみ」がC5砦を
占領するとすぐさま防衛へと移行します。

通常Forsetyにおいて、C5防衛はエンペルームで行われることが
ほとんどですが、このお祭りでは違いました。
なんと3MAP目での防衛。

2008-0817-2024-01.jpg

ワープポイント前でも大魔法が炸裂します。

なるほど、このC5における長い回廊はお祭りの多人数では
なかなか面白い防衛ができそうです。
また仮に3MAP目で崩れても、敵が突撃してくる前に
後方部隊がエンペルームで立ち直すことも可能となります。

これまでとはちょっと違った新鮮な攻城戦となりそうです。


とは言ったものの、開始直後はそれほど攻め手もなく、
大部隊はその戦力をもてあますことになります。

「夏のお祭り同盟」は宣伝要員を出すことで、
この問題を早くに解決。
次々と攻撃部隊がC5を訪れることになったのです。

【Chung-Rim Guild 5】 8/17(日)20:03~ 
 攻撃:『SW』他
 守備:「夏のお祭り同盟」

攻撃勢力は『SW』を中心とした突撃部隊。
またレーサーや祭りの「第1回For十字軍祭り」などもその攻撃に加わります。

序盤から激しい攻撃を加えますが、配置などにも事前に準備されただろう
その防衛はなかなか崩れることを知りません。

2008-0817-2024-02.jpg

大軍を待機させることが難しいワープポイント前の地形も
この防衛には効果をあげているようです。

何度となく繰り返される突撃。
その突撃に乗じて、ちりめん問屋も必死に中の様子を撮ろうと
突撃を繰り返します。

そして映し出された3MAP目の様子がこちら。

2008-0817-2024-03.jpg

単騎で突撃しようとする一騎当千のロードナイトや、
密かに忍び込もうとするチェイサーなどにとって、
武者震いが起こってくるほど楽しく長い陣営です。

攻められては守り抜き、押されては押し返しをくり返していましたが、
開始から30分ほどたったあたりの、『SW』の突撃で、
「夏のお祭り同盟」の防衛にほころびが見え始めました。

2008-0817-2036.jpg

突撃とともに他攻撃部隊もなだれ込みます。
これまで崩れなかった防衛ラインが下がってきたのです。

そして、これを見たものは「一騎当千」とは
突撃を得意とするロードナイトだけに
許された言葉ではないことを知ることとなったのです。

2008-0817-2038.jpg

炎や毒ビンなどにも臆することのないそのたたずまい、
その瞬間、アラームとラーメンは畏怖の対象と生まれ変わります。
攻め手からは戦場の女神、守り手からは戦場の悪魔。

彼女がワープポイントを抜けて軍勢の前に現れたのでした。

 

※ごめんなさい、NGならすぐ消します。

拍手[0回]


4/20(日)『『Forsety3周年記念GV同盟』 Part3

V3のエンペルーム前に集結し始めた「Ballon D'or」と『Forsety3周年記念GV同盟』。
しかし、ここで交戦状態となることで、『Forsety3周年記念GV同盟』は
突撃準備を整えることができません。

ここにおいてForsetyのGVでは珍しい、防衛勢力があるのにも関わらず、
エンペルーム前で激しい平地戦が繰り広げられる戦いへと発展することになったのです。


■4/20(日)21:00~ 【Valkyrie Realms 3】
 攻撃:『Forsety3周年記念GV同盟』
 排除:「Ballon D'or」
 守備:『あじ天』

「EMCで一気に集まれますか?」

攻めあぐねる『Forsety3周年記念GV同盟』は何とか打開策を
見出そうとします。

「OK、EMCします」
「さっきやったばっかり 出来ない」
「あじ天も結構復帰してます」
「寝落ちEMC、 突入OKです」

21-02-39.jpg

エンペルーム前で行動可能な各ギルドマスターがEMCを行いますが、
そこに待ち受けるのは「Ballon D'or」のロードナイトによるボーリングバッシュの嵐でした。

呼び出された部隊はその直撃を受けて、攻撃準備すら取ることができずに
次々と蒸発していきます。

21-08-15.jpg

V3のエンペルーム前での長く伸びた陣形で、中衛と後衛に対しての激しい攻撃。
同盟の攻撃指揮官がその状況に耐えかねて、突入を指示します。

「突入します!」
「ばろんが復帰阻止しはじめている」
「誰か支援ちょーだい!」

「GOGOGOO」

21-03-23.jpg

「なんというか、攻めれる状態じゃない」
「(ノ ゚Д゚)ノ」

攻撃は形だけの突撃に過ぎず、支援を回せない状態での攻撃に
突撃陣も次々とその身を『あじ天』の魔法攻撃の標的にするのみです。

「攻めにならんな・・・」
「突撃ができてない状態だ」

同盟内で冷静に状況を見ている人もいます。

「藪を突付くからだ、今更仕方ない」

もはやエンペルーム前に易々と陣を置くことも許されない状況になってきます。
「Ballon D'or」による復帰阻止が行われ、『Forsety3周年記念GV同盟』は
エンペルーム前に容易に近づくことさえ困難になりました。

21-05-22.jpg

指揮パーティではさらなる突撃の突破口を模索します。

「一斉にEMCしてそのまま突っ込みますか」
「そうしよう」
「4Gマスタが揃ったら同時にEMCを次回からします」

同盟の各ギルドのマスターが「Ballon D'or」攻撃陣の隙を見て、
エンペルーム前に進軍します。

「EMC完了 寝落ち」
「そのままカウント」

4ギルド中、3ギルドがEMCでの突撃要員の確保が完了。
残りひとつのギルドの到着を待たず、この段階で突撃指示が出されます。

21-09-02.jpg

「さくっといくよー!」

「222222222222222222」
「111111111111111111」
「000000000000000000」

「バロン!」

「Ballon D'or」襲来の声を背後に聞きながらの突撃指示。

「GOGOGOGOGO」

一斉にエンペルーム内へと突撃をかけます。
V3エンペルームの階段を上ろうと突き進みますが、突撃陣は
待ち受けるデスペラードの直撃を受けて次から次へと蒸発を余儀なくされます。

21-10-23.jpg

突撃を行ったものの『あじ天』の防衛に致命的な打撃を与えることはできません。
ベースキャンプでの忙しさは増し、後衛部隊も必死の支援活動を行います。

21-10-59.jpg

「引き続き同じ形で」
「バロンEMC!」
「ER前バロンが占領」

21-20-43.jpg

突撃陣が復帰する前に「Ballon D'or」によりエンペルーム前が制圧、
戦場に残っていた『Forsety3周年記念GV同盟』の後衛陣は
次々と排除されていきます。

「EMCできんとおもう」
「ER前、バロンが支援組みを排除中」

――21:20

エンペルーム前での突撃準備が難しいと判断した司令官達は、
さらに作戦を考えます。

「第3でEMC後、ライン上げて突撃」
「そこで準備して一気にこのマップを通過します」
「マスターは3MAPへお願いします」

各ギルドのマスターが再び3MAPへと急ぎます。

「4G同時に行きます」

各ギルドが次々にEMCを発動、4度目の突撃を行いますが、
そのタイミングは同時とはならず、『あじ天』の防衛を崩すことができません。

21:30を終了時間とした『Forsety3周年記念GV同盟』にとって
残り時間はすぐそこまで迫ってきていました。

「第3MAPで同時EMC」
「各マスターに伝えてください」

ベースキャンプでも指示の復唱が行われますが、
その伝達は戦場での混乱のためか、末端までは行き届いていない様子でした。

「ベース待機で3MAPにて同時EMC」
「あじてんの遊撃が来るようになってきた」

徐々に準備が整い、最後のEMC攻撃に向けての
秒読みが始まります。

「牧場準備OK」
「WGさんどうですか?」
「できます」
「第3EMC連絡待ち」
「あと1分!」

「EMCGOGOGO」

その合図とともにEMCによる一斉の集結。
そして再び「Ballon D'or」の攻撃を受けますが、
これをかいくぐってエンペルーム前へと向かいます。

21-29-52.jpg

最後の攻撃のためにエンペルーム前で再び陣を組んで同時に突撃。
なんとか『あじ天』の防衛を崩そうとします。

21-30-42.jpg

今度は突撃のタイミングも合い、かなり深くまで突撃部隊を
食い込ませられそうな気さえしてきます。
しかし、想像以上にクランク付近での攻撃はすさまじく、
残念ながら『あじ天』の防衛を崩すことはできなかったのです。

――21:30

同盟時間終了。

「おつかれー」
「おつかれさまぁぁ」

時間とともにベースキャンプに戻った同盟メンバー達は
それぞれのギルドの砦確保を目指し、情報収集に走ります。

21-31-11.jpg

そして今回、最終的には各ギルドが無事に砦を獲得したことに、
それぞれが安堵を覚えるのでした。

「あそこまでがんばられるとは思わなかったよ」
「んーまぁそれも含めて ああいう乱戦もたまには。いつも体験出来るもんじゃないし」
「そういってもらえると救われますわ」
「あそこまで乱戦とは思わなかったw」

20-04-38.jpg

「お疲れ様でしたー」
「来週からまたがんばろ~w」
「それでは来週からもよき敵としてよろしく」


今回の『Forsety3周年記念GV同盟』は大きな成果を上げられなかったかもしれません。
ただ、こういった機会があればこそ、通常では経験することの少ない、多くのGVでの
課題点や問題点、そして今後の戦略などが見つかるのではないでしょうか。

今回の同盟を企画した方々、またそこに参加した方々、
そして同盟と戦った大手や各同盟・ギルドの方々、本当にお疲れ様でした。


拍手[0回]


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
«  Back :   HOME   : Next  »
カウンター
こんなものありましたコーナー

これワイシャツ使う人におすすめ、首周りの汗染み、 ケチャップ、鼻血などすぐに落ちます。


プレゼント用に検討。
これは音楽もあって画面もきれいなようでよさそう。


GVなどでのスカイプなど用。
これぐらい安いのでもだいぶ使えます。

USBハブ 4ポート USBメモリ 128GB 掃除機2 電気スタンド メモスタンド 冷凍庫スタンド NAS BD BDインデ 小物入れ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お便りメール
プロフィール
HN:
越後のちりめん問屋
性別:
男性
自己紹介:
GV時に各地の砦を巡り情報を収集するForsetyのGV広報集団。Iris上がりのメンバーたちのギルド名称です。
メンバーはギルドマスターのご隠居を中心に男女数人の社会人によって構成。
【連絡先】
chirimenGV@hotmail.co.jp

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ内検索
最新コメント
[10/21 Arthuretela]
[08/11 ちりめん問屋]
[08/10 NONAME]
[06/01 ちりめん問屋]
[05/30 名無し]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]