忍者ブログ
「ラグナロクオンライン」Olrun(エルルーン)サーバのGvG攻防戦の情報。 アイテム、パッチ情報なども掲載。                              「越後のちりめん問屋」の由来はカテゴリーにて紹介。
2012下半期 Olrun(エルルーン)砦獲得
ポイント一覧


2012年度、下半期の砦取得データをまとめてみました。
算定期間は2012年10月~2013年3月となっています。
 
下半期で大きな同盟の変更もあり、6時間ほどデータを取り込みながらまとめました。
毎週データは入力しているのですが、ギルドの勢力関係の見直し等で、
毎回想像以上に時間がかかります。
 
同盟の再編によってポイントが初期化されるため、
結果として長く存続している上位勢力ほどポイントが高くなります。
現在の勢力把握のため、1月~3月までの獲得ポイントも後ほど出したいと思います。
 
ちなみにこの獲得ポイントはちりめん問屋による計算式に
あてはめて計算しています。
ポイント数は「SE獲得数×2+FE獲得数」の合計となっています。

SE砦のポイント計算式について。
 SE砦を確保するためには、ある程度の規模の勢力が必要な点、
 派兵だけでは獲得することができず、防衛にも材料などが必要な点、
 また平地戦ならではの戦略が必要なことから特殊な砦と認識しています。
 以上の点から運や偶然での獲得が難しく、そのことからポイントを多くしています。


■砦獲得ポイント2012/102013/3
順位 同盟名称 獲得ポイント
1 『SAFT』 135P
2 『FSAP』 123P
3 『焼き鳥』 95P
4 『ばろろーぐ』 76P
4 『SOP』(まそっぷ) 76P
6 『ES3M』 64P
7 「黒船」 63P
8 『奥田隊』 61P
9 「Ballon D'or」 50P
10 『大蛇』 40P
11 『WET』 34P
12 『白P』 24P
13 「ましゅまろ」 22P
14 「しろだん!」 21P
14 「Olrun板」 21P
2012/102013/3      
 ※ポイント数は「SE獲得数×2+FE獲得数」の合計になっています。

それでは年度を通しての月別ポイント獲得順位表を見ながら、
上位10位までの各勢力について見ていきたいと思います。
ちなみにY軸はその月における砦獲得順位です。

■1位 『SAFT』
01SAFT.jpg
 昨年の4月開幕では7位と出遅れたものの、その後は勢力を拡大し、
 下半期でも砦獲得数で首位となりました。

 もちろんこれは現在におけるTOPということではなく、累積ということになります。
 安定して一定の獲得があり、現在も虎視眈々と上を目指している勢力と
 言えるのではないでしょうか。
 RR化以前は、飲み込むような前衛陣の強さが目立ちましたが、
 ここ最近では特に戦術的な押し引きが見て取れるようになりました。
 『SOP』との首位争いに注目が集まります。

■2位 『FSAP』
05FSAP.jpg
 昨年5月に『不死桜』と同盟後、勢力を拡大。
 現在も上位の一角としてその勢力を維持しています。
 人数とともに徐々に強さを増し、攻め方や守り方も他勢力とは違った
 独特な特徴を持ち合わせている同盟とも言えます。
 比較的、参加人数も多く、特にRR以降はアロストの雨嵐で
 対戦相手をなぎ払う様子や毒や武器破壊などの多様さも見て取れます。
 複数ギルドを常に運用していることが多く、遊撃担当の「並1個獲得」の
 動きも見過ごせません。

■3位 『焼き鳥』
a4667f6b.jpeg
 上半期と同じく、静と動の週で獲得数にはっきりと差が出ています。
 砦の獲得数よりも砦の質や内容に目的をおいていることが多く、
 この獲得ポイント制で強さが測れない勢力でもあります。
 人数に比べ個々の戦闘能力が高いのも特徴です。
 自由参加の週もあり、最近では純粋な砦の獲得数は落としています。
 WGV2013でのOlrun代表ギルドでもあり、準決勝まで駒を進めました。

 EMCマスターのNaru氏のブログは非常に読み応えがあり、
 私も拝読しています。

■4位 『ばろろーぐ』(2012年12月同盟解散)
dd2530de.jpeg
 統合後にIris出身の「Prologue.」とForsetyの「Ballon D'or」が同盟した勢力。
 個性的、かつ連携的な職能集団であり、それが噛み合ったときに
 強力な強さを見せました。
 ただ、参加人数や開始時間の集合人数などにムラがあり、週によって獲得砦に

 バラつきが多かった同盟でもあります。
 上位勢力のひとつでしたが、昨年12月に同盟を解散しています。

■同率4位 『SOP』(まそっぷ)(2013年1月同盟結成)
04SOP.jpg
 わずか3か月の期間で下半期4位に食い込みました。
 上位同盟だった『ES3M』と『ばろろーぐ』の勢力が含まれた同盟です。
 まさに現在のTOPと言える同盟。
 結成直後から運用戦力を含め、圧倒的な強さを誇ります。
 ただ今後の懸念点としては、対戦する相手。
 均衡した戦いにこそ楽しめる内容も多く、無類の強さはそれ自体が
 諸刃でもあります。
 モチベーションの維持は大手勢力にとって常に課題となってきます。


■6位 『ES3M』(2012年12月同盟解散)
02ES3M.jpg
 昨年、常に上位争いを繰り広げていた勢力。
 2012年WGVではOlrunの代表として、Olrunを準優勝に導きました。

 全体として意図した動きをしており、強力な前衛、練られた戦術指揮など、
 非常に高度な戦いをしていました。
 昨年12月に解散していますが、その勢力の多くは現在『SOP』に
 引き継がれています。


■7位 「黒船」
da27317b.jpeg
 非常に勢いのあるFE勢力として前回紹介させていただきましたが、
 下半期ではついに『奥田隊』をしのいでいます。

 隙あらば複数砦を狙うアクティブに動きは健在。
 上位の砦を狙う動きはやはりダークホース的な存在となっています。

 2013年に入ってから内部での問題もあってか、勢いを落としましたが、
 「Ballon D'or」とのお祭りによって、そのポテンシャルの高さを見せつけました。
 まだまだ今後も注目の勢力といえます。


■8位 『奥田隊』
06bb7150.jpeg
 中堅の雄なことは変わらず、一時期参加人数の減少も見られ、
 砦の獲得数も減りましたが、最近は『白P』とSE砦で見ごたえのある
 戦いを見せるなど、勢力やモチベーションの回復も見られます。

 下半期は「黒船」がわずかに獲得数で上回ったものの、まだまだ健在。
 『奥田隊』、『白P』、『WET』の戦いも見過ごせません。

■9位 『Ballon D'or』
bd0855f4.jpeg
 2013年2月から『ES3M』の一角「SGS」と同盟。
 参加人数のムラは健在ながらも、大量の神器やBOSSカードを有した戦力は
 破壊力のある超個性派集団であることは間違いありません。
 4月には「黒船」との祭りでその潜在能力の高さを見せつけています。
 お祭りから正式同盟になることが多いことから、
 今後もその動向に注目が集まります。

■10位 『大蛇』
b8cd821a.jpeg
 Irisの「Serpent」とForsetyで上位同盟の一角をになっていた『MP』が
 傭兵として参加している同盟。
 ギルド名の「サーペント」はラテンを元とした蛇の別名。
 FE勢力ではありますが、確実に1砦を獲得することで、
 派兵も行えるようになってきており、FE勢力の見本となる
 戦い方といえるのではないでしょうか。


さて、昨年4/22(日)に幕を開けたOlrunのGV。
統合から1年が経過したと考えると実に早いものです。

 
今回の結果はあくまで砦の獲得数というデータを元にしたものに過ぎませんが、
今後の戦う相手や目標として、ひとつの指標にしていただければ幸いです。

10時間かけて入力したこの記事も途中での保存を怠ってしまったことから、
わずか2秒で全てが消えるミスを犯したことも付け加えておきたいと思います。
最後に付け加えて文章を書こうとしたのが間違いでした。
最初のほうでテキストをわずかながらコピーしていたのが心の救いです。

拍手[4回]

PR

■2012下半期 Olrun砦獲得
 ポイント一覧途中経過(12/23現在) 上位15位


10月下半期からの砦獲得ポイントです。

あくまで砦の獲得数というデータを元にしたものに過ぎませんが、
今後の戦う相手や目標として、ひとつの指標にしていただければ幸いです。

■上位勢力
 『ばろろーぐ』が変わらずの首位。
 特に11月での砦獲得の多さが影響しています。
 ただし、RRが来てからの『焼き鳥』の対応速度の早さは
 他の勢力を完全に凌駕しており、平地戦に置いての強さはこの限りではないようです。

 また『ES3M』が解散のため12月の更新が止まっております。

 『SAFT』と『焼き鳥』はお互いにB4の覇権争いのため、砦数は少なくなっています。
 しかし、それぞれに商業値の高いと思われる砦を確保し続けており、砦
 数に比べて収入は多いと考えられます。
 また『焼き鳥』は砦に置いて、量より質をとっており、その目的もしっかりしていると
 思われます。
 そのため、この砦獲得数での順位と強さが比例しない勢力のひとつと言えるでしょう。

 『FSAP』は積極的に砦数の確保に動いているように思われます。
 上位の中では平地戦で一歩遅れを取るものの、防衛は特色を出しており、
 決して一筋縄で崩せるようなものではないようです。

■中堅勢力
 中堅どころでは「黒船」と『奥田隊』が好勝負。
 一時期、人数も少なく思われた『奥田隊』も12月に復調し、
 SE砦も確実に手に入れています。

 また「しろだん」も人数を増やしSEでの活躍も増えています。
 「黒船」と『奥田隊』と並び、SE砦を争う勢力となりそうです。

 「月下」が12月に獲得がなく、現在の活動勢力について
 確認中です。

 「大蛇」と「MP」は同盟との情報も入っておりますが、
 状況的に確認できないことも多く、現在別で集計しております。

 ※「大蛇」と「MP」は同盟とのこと。
  次回確認の上、合計値で計算していく予定です。
--------------------------

■下半期 砦獲得ポイント一覧2012/10/72012/12/23
順位 同盟名称 10月 11月 12月 獲得ポイント
1 『ばろろーぐ』 22 31 22 75P
2 『ES3M』 29 17 18 64P
3 『SAFT』 23 20 18 61P
4 『FSAP』 21 16 20 57P
5 『焼き鳥』 15 14 11 40P
6 「黒船」 11 8 12 31P
7 『奥田隊』 5 8 13 26P
8 「しろだん!」 5 3 7 15P
9 『HHL』 3 6 4 13P
10 『PMP』 4 3 3 10P
10 「ToT」 3 3 4 10P
12 「ましゅまろ」 3 4 2 9P
12 「Serpent」(大蛇) 1 5 3 9P
12 「Olrun板」 2 3 4 9P
15 「Mashed Potatoes」 2 3 3 8P
       
※ポイント数は「SE獲得数×2+FE獲得数」の合計になっています。
SE砦=10個 FE砦=20個 1週40ポイントが発生します。
 
※SE砦のポイント計算式について。
 SE砦を確保するためには、ある程度の規模の勢力が必要な点、
 派兵だけでは獲得することができず、防衛にも材料などが必要な点、
 また平地戦ならではの戦略が必要なことから特殊な砦と認識しています。
 以上の点から運や偶然での獲得が難しく、そのことからポイントを多くしています。

拍手[4回]


2012上半期 Olrun(エルルーン)砦獲得
ポイント一覧
 
 
さて、遡って砦取得データをまとめてみました。
10月分は下半期のため、反映していません。

8時間ほどぶっ通しでデータを取り込みながら計算式を作っていました。
フォーマットを作ってからはだいぶ楽になりましたが、手作業の箇所が多かったため、
思ったより時間をかけることとなりました。

今年4/22(日)に幕を開けた統合GV。
興味深い結果が出てきたので、ご報告させていただきます。

あくまで砦の獲得数というデータを元にしたものに過ぎませんが、
今後の戦う相手や目標として、ひとつの指標にしていただければ幸いです。

ちなみにこの獲得ポイントはちりめん問屋での計算式にあてはめて計算しています。
ポイント数は「SE獲得数×2+FE獲得数」の合計となっています。

11/11(日)追記 SE砦のポイント計算式について。
 SE砦を確保するためには、ある程度の規模の勢力が必要な点、
 派兵だけでは獲得することができず、防衛にも材料などが必要な点、
 また平地戦ならではの戦略が必要なことから特殊な砦と認識しています。
 以上の点から運や偶然での獲得が難しく、そのことからポイントを多くしています。


■砦獲得ポイント2012/42012/9/30
順位 同盟名称 獲得ポイント
1 『SAFT』 150P
2 『ES3M』 146P
3 『ばろろーぐ』 135P
4 『焼き鳥』 122P
5 『FSAP』 101P
6 『奥田隊』 54P
7 「黒船」 38P
8 「ToT」 29P
9 「しろだん!」 27P
10 「月下」 19P
11 「Serpent」(大蛇) 18P
11 『PMP』 18P
13 『EW』 16P
14 「Olrun板」 10P
15 「ましゅまろ」 9P
15 「-Rebellion-」 9P
2012/42012/9/30      
 ※ポイント数は「SE獲得数×2+FE獲得数」の合計になっています。

時期の途中から同盟したところなど(ばろろーぐ等)については検討を要しました。
ただ正確な勢力実数を確認するためには、同盟前からのポイントを加算する必要があり、
この数値は同盟前の獲得を含む合算値としています。

また、不確定ポイントとして「Mashed Potatoes」がどこかに同盟(傭兵)しているという
情報もあり、この場合は多少の順位の入れ替わりが発生する可能性があります。
現在は同盟とせず、単独計算となっています。

 2012.11.jpg

こちらは上位の砦獲得推移グラフです。
見づらくて申し訳ありません。
またどこも多少の上下があるのは、4週月と5週月があるためです。

■1位 『SAFT』
 6月頃から獲得数が増え始め、7月に最大勢力を持ち、8月から下降しています。
 特に最近は時間ぎりぎりまで戦闘していることが多く、結果的にポイントも下げています。
 ただ安定して一定の獲得があり、上半期合計では1位となりました。
 今後、この勢力の維持がどれだけできるかは気になるところです。

■2位 『ES3M』
 8月の獲得が少なかったものの、全体的に平均して複数の獲得があり、
 ポイントを稼いでいます。
 夏にはWGVと平行で動いていたこともあり、その点ではかなりの負担が
 指揮や作戦担当に行っていたのではないでしょうか。
 9月のポイントは1位と上り調子となっているため、下半期に期待です。

■3位 『ばろろーぐ』
 7月8月と非常に強さを見せましたが、週によっての人数のバラつきが多く、
 特に砦獲得にもバラつきがでました。
 ただし、同盟直後は噛み合わなかった連携も、1か月後には調整し、
 さらなる進化を遂げているところと言えます。
 個性的な職能集団であり、それが噛み合ったときにとても力を見せるようです。

■4位 『焼き鳥』
 5月には堂々の1位の獲得となっていましたが、そこからしばらく動きが抑えられて
 いた感がありました。しかし、9月に再び同数の1位獲得。
 静と動の週で獲得数にはっきりと違いが出ています。
 人数に比べ個々の戦闘能力が高いのが特徴です。
 現状では複数砦獲得はあまり得意ではないともいえ、この計算式だと
 結果が出にくい勢力ともいえます。

■5位 『FSAP』
 『不死桜』と同盟後、勢力を拡大。
 6月、7月頃は『ばろろーぐ』を完全に凌いでいました。
 現在もこの戦闘は多いものの、苦しい戦いを強いられています。
 人数的には多いため、その利点を活かす戦い方を見出し勝因をつかめるかが、
 鍵となっていそうです。

■6位 『奥田隊』
 中堅の雄として、8月などは特にSE砦でも活躍が見られましたが、
 最近は「黒船」などとの対戦も多く、その戦いも拮抗を見せています。
 なんとか勢力を取り戻し、複数砦獲得を目指したいところ。
 数値的に最近はほとんど「黒船」と並んでいます。

■7位 「黒船」
 非常に勢いのあるFE勢力。
 もはやFE勢力の域を超えつつあると言っても過言ではありません。
 非常にアクティブに動き、上位の砦を狙う動きはダークホース的な存在となっています。
 隙あらば複数砦を狙うところは、他の勢力も気になる姿勢と言えるでしょう。
 ただし、まだまだ上位との差は大きいのが実情です。

 データフォーマットは作成できたため、今後も更新していきたいと考えています。

拍手[7回]


2011 下半期 砦獲得ポイント一覧       
2011/62011/11/20現在)      
 ※ポイント数は「SE獲得数×2+FE獲得数」の合計になっています。

順位 同盟・ギルド名 獲得砦数 獲得ポイント
1 「Ballon D'or」 SE 47 136
FE 42
合計 89
2 『あじ天』 SE 41 135
FE 53
合計 94
3 「Infinity Nova」 SE 40 110
FE 30
合計 70
4 『SLW』 SE 28 100
FE 44
合計 72
5 『FRS』 SE 14 82
FE 54
合計 68
6 「Asteria」 SE 15 42
FE 12
合計 27
7 「Phantom Force」 SE 7 39
FE 25
合計 32
8 「Melody_Line♪」 SE 3 29
FE 23
合計 26
9 『MP』 SE 0 28
FE 28
合計 28
10 「Ankh Soar」 SE 0 27
FE 27
合計 27
11 「ポンコツ製作所ぱにぽに」 SE 5 17
FE 7
合計 12
12 「アリスのお茶会」 SE 0 15
FE 15
合計 15
13 「Konigs Tiegel」 SE 0 8
FE 8
合計 8
14 「Dragon's bonds」 SE 0 7
FE 7
合計 7

エクセルで貼り付けた場合の枠が表示されなくなったのが
現在仕様となっています。すみません。
今後修正していく予定です。



久しぶりとなって申し訳ございません。
砦獲得ポイントのご報告です。

2011年下半期分となります。
上半期は多忙だったため処理ができておらず、こちらを先にやらせていただきました。
今年も残り1ヶ月ちょっととなりましたが、今週からチェックしていこうと思います。

半年分だけでも確認を含め、処理に3~4時間はかかったため、
毎週少しずつ完成させるのが一番正しい方法だと感じた次第です。

さて、こちらの成績の計算方法を改めてご紹介すると、
毎週獲得のSE砦を2ポイント、FE砦を1ポイントと計算し、
1月~6月を上半期、7~12月を下半期としています。

6ポイント以下は今段階ではランク外ということで
載せていませんので、ご了承を。

同盟については、基本的には期間の半分以上をしているものについて
反映しております。

「Asteria」「Ankh Soar」については同盟が確認されていますが、
現在のところ反映はしておりません。
ちなみに仮にポイントをつけると9/11以降の合算で60ポイントとなります。

「Phantom Force」「ポンコツ製作所ぱにぽに」「Melody_Line♪」
についても同盟が確認されたのが、比較的後半であることと、
時期が不明確なため、それぞれを単体で扱っています。


さて、ポイントのほうですが、だいたいそれぞれの勢力の強さと
リンクしているのではないかと感じております。
上位5位の簡単な感想を述べておきたいと思います。

1位「Ballon D'or」
8/14から長期に渡るN5の防衛は現在の「Ballon D'or」の
強さを象徴しているかのようです。
10月ぐらいから強さも人数も増している印象があります。
マスターをはじめとした爆発的な破壊力と機動力に定評があります。

2位『あじ天』
10月から若干ながらも獲得数を減らしています。
もちろん『SLW』や「Ballon D'or」との直接対決などもしているため、
一概に言うことはできません。
単体よりも、全体の戦略的な強さに定評があります。

3位「Infinity Nova」
コンスタントに砦を獲得しています。
むしろ昨年よりも現時点でポイントは高くなっています。
ただ局地的では無類の強さを誇った昨年に比べると
他の勢力との差別化は少なくなってきている気もします。
ヒットアンドアウェイを繰り返すギロクロの強さに定評があります。

4位『SLW』
昨年は圧倒的な物量と力によって首位を独走していました。
今年は『あじ天』との直接対決も多く、砦数は減らしているようです。
装備の充実度に変わりはないため、今後マスターが変更になったことにより、
どう戦略的に影響が出てくるのかがポイントになるのかもしれません。
神器の量などの絶大的な強さを誇るキャラの多さに定評があります。

5位『FRS』
昨年に比べ着実に力を伸ばしている勢力と言えそうです。
ただ順位のポジション的に上位には届かず、他の中堅からは差がついているため、
対戦相手を探すのに苦労するところかもしれません。
複数のウォーロックによる魔法攻撃に定評があります。
最近は物理火力もついてきたようです。


 砦獲得ポイント一覧

拍手[4回]


2010 下半期 砦獲得ポイント一覧      
(2010/6~2010/12/26現在) 
 ※ポイント数は「SE獲得数×2+FE獲得数」の合計になっています。


順位 同盟・ギルド名 獲得砦数 獲得ポイント
1 『SLW』 SE 66 222
FE 90
合計 156
2 『あじ天』 SE 68 189
FE 53
合計 121
3 「Infinity Nova」 SE 46 126
FE 34
合計 80
4 「Ballon D'or」 SE 37 116
FE 42
合計 79
5 『ポンコツ阿吽』 SE 24 93
FE 45
合計 69
6 『FRS』 SE 23 84
FE 38
合計 61
7 「Asteria」 SE 26 83
FE 31
合計 57
8 「Phantom Force」 SE 6 53
FE 41
合計 47
9 『北方誤爆』 SE 1 32
FE 30
合計 31
10 『MP』 SE 0 31
FE 31
合計 31
11 「Noah's†Ark」 SE 0 23
FE 23
合計 23
12 「Les Clefs d'Or」 SE 0 21
FE 21
合計 21
13 「cogito ergo sum.」 SE 2 19
FE 15
合計 17
14 「Konigs Tiegel」 SE 0 17
FE 17
合計 17
15 「Melody_Line♪」 SE 1 15
FE 13
合計 14
15 「アリスのお茶会」 SE 0 15
FE 15
合計 15
17 『PE&NERV』 SE 0 12
FE 12
合計 12

さて、2010年下半期のデータが出揃いました。

関数での計算式とともに、確認のための人為的なチェックもしていましたので、
時間がかかってしまいました。

ダントツは『SLW』の222ポイント。
どの週もコンスタントに成績を残してきた結果です。
特に旧砦の獲得率はかなり高いものを残しています。

次点は『あじ天』の189ポイント。
一概にポイントだけではなんともいえませんが、
とりあえず上位2強は『SLW』と『あじ天』といえます。

次に来るのは「Infinity Nova」、そして「Ballon D'or」。
「Infinity Nova」は途中7月にマスターの変更などがありましたが、
その強さは衰えることを知らず、むしろさらに高みを目指しているようです。

「Ballon D'or」は一時期その力を潜めることもありましたが、
10月頃に一気に復活。
今では2強を脅かす存在として、その地位を確立しています。


今年の7月にR化が来て以来、かなりの仕様変更があって今に至りますが、
まさにGVなどはその変更の影響を最大限に受けたものといえます。

今後がどうなるかは、なかなか先が見通せない状況ではありますが、
どのギルドもレベル150のキャラをいかに増やして行くかということに
変わりはないようです。

ちりめん問屋ではデータ的な観点から、今年を振り替えられれば幸いです。
 

拍手[0回]


[1] [2] [3
  HOME   : Next  »
カウンター
こんなものありましたコーナー

これワイシャツ使う人におすすめ、首周りの汗染み、 ケチャップ、鼻血などすぐに落ちます。


プレゼント用に検討。
これは音楽もあって画面もきれいなようでよさそう。


GVなどでのスカイプなど用。
これぐらい安いのでもだいぶ使えます。

USBハブ 4ポート USBメモリ 128GB 掃除機2 電気スタンド メモスタンド 冷凍庫スタンド NAS BD BDインデ 赤立
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お便りメール
プロフィール
HN:
越後のちりめん問屋
性別:
男性
自己紹介:
GV時に各地の砦を巡り情報を収集するForsetyのGV広報集団。Iris上がりのメンバーたちのギルド名称です。
メンバーはギルドマスターのご隠居を中心に男女数人の社会人によって構成。
【連絡先】
chirimenGV@hotmail.co.jp

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ内検索
最新コメント
[08/11 ちりめん問屋]
[08/10 NONAME]
[06/01 ちりめん問屋]
[05/30 名無し]
[04/25 越後のちりめん問屋]
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]